読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりしているエンジニアの日記

ソフトウェアなどのエンジニア的な何かを書きます。

Casablancaのインストール

Sponsored Links

皆さんこんにちは
お元気ですか。私は燃え尽きました。

今日はCasablancaのインストール記事を記載します。

Casablancaとは

マイクロソフトのC++ REST SDKで、クラウドベースのクライアント・サーバーの
APIデザインだそうな。


C++ REST SDK (codename "Casablanca") - Home


内容にはHTTP Client/Server, JSON, URL ,Asynchronus Stream,WebSockets,OAuthが搭載されているそうな。
因みにマイクロソフトだからといって、WindowsだけでなくLinuxやMacでも使えます。

因みに僕はMacOSです。

Install

必要なもの

brew install cmake git openssl boost

必要なものがインストールされているのを確認してから

git clone https://git01.codeplex.com/casablanca
cd casablanca
mkdir build.release
cd build.release
cmake ../Release -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release
make -j 4

以下のサンプルコードを動かすにはどうすればよいか考えてみましょう。
ぶっちゃけmake installと呼ばれる素晴らしいコマンドはないので自力で。

#include <cpprest/http_client.h>
#include <cpprest/filestream.h>

using namespace utility;                    // Common utilities like string conversions
using namespace web;                        // Common features like URIs.
using namespace web::http;                  // Common HTTP functionality
using namespace web::http::client;          // HTTP client features
using namespace concurrency::streams;       // Asynchronous streams

int main(int argc, char* argv[])
{
    auto fileStream = std::make_shared<ostream>();

    // Open stream to output file.
    pplx::task<void> requestTask = fstream::open_ostream(U("results.html")).then([=](ostream outFile)
    {
        *fileStream = outFile;

        // Create http_client to send the request.
        http_client client(U("http://www.bing.com/"));

        // Build request URI and start the request.
        uri_builder builder(U("/search"));
        builder.append_query(U("q"), U("Casablanca CodePlex"));
        return client.request(methods::GET, builder.to_string());
    })

    // Handle response headers arriving.
    .then([=](http_response response)
    {
        printf("Received response status code:%u\n", response.status_code());

        // Write response body into the file.
        return response.body().read_to_end(fileStream->streambuf());
    })

    // Close the file stream.
    .then([=](size_t)
    {
        return fileStream->close();
    });

    // Wait for all the outstanding I/O to complete and handle any exceptions
    try
    {
        requestTask.wait();
    }
    catch (const std::exception &e)
    {
        printf("Error exception:%s\n", e.what());
    }

    return 0;
}

問題点が2つあります。
①cpprestのheaderを使うこと
うん、これは適当に放り込みました。入れる場所の参考にしてください。
要はincludeできればなんでもいいのですが・・・・

cp -r $(PATH)/casablanca/Release/include/ /usr/local/include/

②リンク、コンパイルです。
以下の$(PATH)はcasablancaに至るまでのパスです。その中にある.dylibを全てリンクさせます。
また -lを使い、中で利用されているboost_systemを動作させます。
時折、オブジェクトが足りませんエラーが出るので辛抱強く頑張りましょう

g++ test.o 
$(PATH)/casablanca/build.release/Binaries/*.dylib -o main -I /usr/local/include/ /usr/local/lib/libboost_thread-mt.a -lboost_system /usr/local/lib/libboost_chrono-mt.a

コンパイルしてうまくいくと以下の様なメッセージが出てきます。

Received response status code:200

細かい使い方は次回以降に回します。
何かいい設定はないですか・・・・・・
make installの実装を希望したいところ・・・・

広告を非表示にする