読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

のんびりしているエンジニアの日記

ソフトウェアなどのエンジニア的な何かを書きます。

MySQL のテーブル操作(INSERT,SELECT,UPDATE,DELETE)

Sponsored Links

皆さんこんにちは
お元気ですか。今日はやっと実家に帰るよ。やったね!

今日はMySQLの基本的なテーブル操作を見ていこうと思います。
いや、本当に基本的です。はい

テーブルの生成(CREATE TABLE)

試しにテーブルを生成します。

CREATE TABLE IF NOT EXISTS customer(id INT NOT NULL,name TEXT,address TEXT);

挿入(INSERT)

テーブルにレコードを挿入します。

INSERT INTO customer VALUES('1','yamada taro','北海道1-1-1');
INSERT INTO customer(id,name) VALUES('1','yamada taro');

全てを入力するときにはカラムの指定は必要ありません。

選択(SELECT)

テーブルからレコードを抽出します。全体を抽出するときは*を使いましょう

mysql> SELECT * FROM customer;
+----+-------------+----------------+
| id | name        | address        |
+----+-------------+----------------+
|  1 | yamada taro | 北海道1-1-1    |
|  1 | yamada taro | NULL           |
+----+-------------+----------------+

一部分だけ抽出するときはカラムを入力します。

mysql> SELECT id,name FROM customer;
+----+-------------+
| id | name        |
+----+-------------+
|  1 | yamada taro |
|  1 | yamada taro |
+----+-------------+

更新(UPDATE)

カラムの指定の方法はWHEREで行い、SETもします。

mysql> UPDATE customer SET address = '沖縄' WHERE address IS NULL;
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)
Rows matched: 1  Changed: 1  Warnings: 0

mysql> SELECT * FROM customer;
+----+-------------+----------------+
| id | name        | address        |
+----+-------------+----------------+
|  1 | yamada taro | 北海道1-1-1    |
|  1 | yamada taro | 沖縄           |
+----+-------------+----------------+
2 rows in set (0.00 sec)

削除(DELETE)

基本的にWHEREで削除する箇所を指定します。

mysql> DELETE FROM customer WHERE address = '沖縄';
Query OK, 1 row affected (0.00 sec)

mysql> SELECT * FROM customer;
+----+-------------+----------------+
| id | name        | address        |
+----+-------------+----------------+
|  1 | yamada taro | 北海道1-1-1    |
+----+-------------+----------------+
1 row in set (0.00 sec)

まとめ

基本構造はカラムやテーブルの指定+WHERE句。
これさえ抑えれば、問題無いと思います。

広告を非表示にする